社員インタビュー

早朝勤務も、長時間残業も、オサラバです。

施工管理

座馬

前職は住宅の施工管理。ワークライフバランスを保てる環境に惹かれてナンバホームへ。

定時に退社できる日が多いです。


前職では、22:00くらいまで働くことがたくさんありました。日中は複数の現場を監督するために動き回り、陽が落ちる頃になってやっと会社に戻る。そのあと、書類を作成して気づいたら22:00。でも、ナンバホームは違います。定時で帰宅できる日が多くて、平日でも自分の時間をしっかり取れますね。もちろん緊急の案件が出て残業をすることもありますが、19:30を超えたくらいで終了します。しかもそんな日は年に数回ほど。平日でもプライベートの時間をしっかり取れるのが嬉しいですね。

長距離の移動とは無縁です。


これも施工管理あるあるかもしれませんが、前職では遠方の現場に行くために、早朝に家を出て直行することがたくさんありました。でも今は、9:00にオフィスへ行き、準備をして向かう日がほとんどです。オフィスから30分以内のエリアにあるお客さまばかりなので、移動が負担になることもありません。私も今複数の現場を担当していますが、移動が本当に楽です。全ての現場が近くにあることは、無駄な勤務時間をはぶくのに欠かせない条件。それを満たしている会社だからこそ、効率よく仕事を進められるのです。

もちろん、施工管理として成長できています。


ゆとりを持って働けるだけでなく、施工管理としてもっと腕を磨けるのも大きな魅力です。木のぬくもりを大切にした家は、建材の良し悪しで完成度が大きく左右されます。それらをしっかり見極めて確実かつスピーディに仕事を進めるスキルは格段に上達しました。また、少数精鋭の会社なので、ときには職人さんの仕事を手伝うこともあります。たとえばクロスの補修や建具の調整などは、職人さんにお願いしなくても対応できそうなときは自分で行うこともしばしば。できることが増えていくと、自分の成長を感じられて嬉しくなります。これも、前向きに働ける理由のひとつですね。

他の社員インタビュー