社員インタビュー

これこそ憧れていた、お客さま本位の家づくり。

営業

山村

前職も住宅の営業。お客様を第一に優先した家づくりをしたくてナンバホームへ。

提案段階から、じっくり、家づくり。


ナンバホームの家づくりは、とにかくじっくり時間をかけて丁寧に進めるのが特徴です。提案に至るまでも、その特色は強くあらわれています。まず、家の購入や資金などについての相談会を開催し、興味を持っていただけた方に土地探しを提案。ベストな土地を見つけるまでじっくり探します。要望に合う土地が見つかったら、ここで初めて実現したいライフスタイルなどをヒアリング。土地、予算、求める生活などを加味して提案し、ご契約の判断はお客さまに委ねます。契約が成立したあとは、4ヶ月くらいかけて建てる住まいの打ち合わせを実施。詳細を一つひとつ固めたあとに施工、引き渡しという流れ。1年〜1年半かけて、お客さまに満足していただける家づくりを進めていきます。

目標やノルマに急かされることはありません。


営業なので目標を達成するために仕事を進めるのは重要ですが、決して個人ノルマが重視されるわけではありません。会社として掲げた目標をみんなで頑張って達成するのがナンバホームの考え方。個人ノルマがプレッシャーとなってお客さまをむげにすることは一切ありません。最初はこのスタイルに戸惑いを感じましたが、実は、営業の面でもすごく効率がいいんです。「ナンバホームさんは家づくりを一生懸命頑張ってくれるから」と、お客さまが新しいお客さまを紹介してくださることが多くて。私もこれまで20棟前後のご契約をいただけましたが、そのなかにはお客さまからの紹介がきっかけになったものもありますよ。

社員の幸せも追求する、ブレない社長です。


私がナンバホームへの転職を決めたのは、社長の「お客さまを第一にした家づくりをしたい」という考えに触れたことがきっかけでした。入社して感じるのは、まさに有言実行の社長であること。しかも、社員の幸せもしっかり追求する方なんです。「少しでも長く、幸せに働いてもらえる会社とは」というテーマを考え、行動し続けている方なので「この社長に付いて行こう」と心に決めて働けます。地域密着型のスタイルを貫き、拠点から30分以内圏内のお客さまのみとお付き合いをするのも、営業としてお客さま一人ひとりをしっかりサポートできるようにするため。移動距離が長くなるストレスとは無縁なので、いつもいいコンディションで頑張ることができています。

他の社員インタビュー